不登校、引きこもり経験者のための留学支援なら
カナダ留学のウエストコースト

カナダ留学を通じて新しい自分と出会いませんか?

美和からの手紙 第2章 サンシャインプロジェクトを開始してから今

人の才能を育てる野外教育のすすめ

サンシャインプロジェクトをやっていくうちに、出会ったプログラムに野外教育があります。日本では、筑波大学と信州大学が教授している分野です。

私はこの野外教育が可能性をもっていると思います。もっと日本の教育に取り入れるべきだと思っています。

理由は盛りだくさん!

  • 三次元の空間で活動しないと育たない右脳の一部を活性化する
  • チームワーク、リーダーシップトレーニングの練習
  • デジタル以外の遊びを学ぶ
  • 自立神経の活性化に役立つ
  • 大自然を勉強することで、人間の器が大きくなる
  • 5感を使うアクティビティを通じて才能を育てる。
  • いじめの軽減に役立つ
  • 学習障害、アスペルガーといった発達障害の方の能力の向上に効果的

人間もこの大自然の一部です。大自然の恩恵に感謝すること、自然の美しさにふれることは、地球上に生命をもらった人類という生き物として生きていく上で大切なことを教えてくれます。

いつも思うのが、環境を勉強してきている人は物事の考え方が違います。

例えば、人種差別、環境を勉強してきている人からいえば、人類はみんなファミリー。一つの細胞が分裂して、その土地土地の気候にあわせて、肌の色が変わったり、文化をつくっていったと。

大きな海をみていて、大きな森を歩いていて、星いっぱいの空を眺めながら、大きなことを考えるって素敵なことです。人間はこの自然界の中ではちっちゃな生き物です。どうせ夢をもつなら大きな方がいい。もっともっと、人は大きなことを考えたらいいと思います。そしたら、小さい人間関係の問題はなくなっていくと思います。

美和からの手紙 第2章 サンシャインプロジェクトを開始してから今

美和が大学で学んだ社会問題についての研究&留学体験記