不登校、引きこもり経験者のための留学支援なら
カナダ留学のウエストコースト

カナダ留学を通じて新しい自分と出会いませんか?

美和からの手紙 第2章 サンシャインプロジェクトを開始してから今

いつかお会いしましょう - I hope to meet you someday!

長くなりましたが、ここまで美和からの手紙を読んで下さってありがとうございました。
お恥ずかしいお話も多々しましたが、何か皆さんにとって、新しい発見があったらいいなと思います。

そして、ウエストコーストのプログラムに興味を持った方は、お気軽に連絡して下さい。ただ、お話をするだけでもいいですし、まずは情報収集をすることもとても楽しいことです。
私自身、日本に出張に行くことも多くあります。

私は人生に迷った時、自然から勉強させてもらうようにしています。
木の成長をみていると本当に時間がかかりますよね。何百年もかけて森を作ります。台風がきても、雷が落ちてもじっとこらえて晴れがくるまで一生懸命枝を広げて、根をはって栄養を吸い続け幹を作ります。

知識を増やすことは自分への栄養剤。自分の幹を育てるようなもの。
自分が生まれてきて良かったって思える日まで、自分探しの旅は続きます。
その過程で出会う人、学ぶ知識はきっと意味があるはず。

私も一人一人の方々との出会いを通じて成長させて頂いてます。

7年という月日が経っても、ウエストコーストには変わらないものがあります。昔使って下さった学生さんがカナダに遊びに来てくれたり、今でも交流会は続いています。日本全国から年齢層も、職業、学歴も本当に色々な方々がカナダ留学という共通のテーマで、自分探しをしながら取り組んでいます。

人付き合いが苦手な人はもちろん、一対一のサポートからのスタートもいいと思います。
等身大での取り組みが一番大事です。他の人と競争する必要もないです。皆さんが、自分なりの幸せを見つけてくださったら光栄です。

いつかカナダをご紹介する日が来ることを楽しみにしています。

Miwa Csuka
2011 October 13, 2011

美和からの手紙 第2章 サンシャインプロジェクトを開始してから今

美和が大学で学んだ社会問題についての研究&留学体験記