不登校、引きこもり経験者のための留学支援なら
カナダ留学のウエストコースト

カナダ留学を通じて新しい自分と出会いませんか?

美和が大学で学んだ社会問題についての研究&留学体験記

このコーナーでは私自身が勉強してきた事や、留学経験をお話させていただきます。少々恥ずかしいこともたくさん書いていますが、みなさんのご参考になれば幸いです。理由は私自身も高校の時に行き詰まり経験をしており、不登校になる直前という状態でした。きっとカナダに来ていなかったら間違いなく引きこもっていたと思います。

私は、日本で高校生までを過ごし、19歳からカナダに留学しました。私自身、日本の教育システムに馴染めずにいたので、カナダ留学はある意味で一大決心だったと思います。

その後、留学当初は苦手だった英語を克服してTOEFL600点を取得。英語を話すことができる婦人警官にあこがれて(笑)カナダの州立カレッジで法律と犯罪について勉強しました。

カレッジを卒業してから、ブリティッシュコロンビア州立のサイモンフレーザー大学で心理学、教育学、犯罪学を勉強し、途中学費を貯めるため、日本で英会話学校での勤務、外資系イギリス人の英文秘書、大手企業で海外制作会社との窓口を経験しました。

4年間日本に滞在した後、再びカナダの大学に戻り(こんなことがカナダの教育システムでは可能なのです!)、留学カウンセラーを経て、ウエストコースト国際教育相談センターを設立するに至りました。

不登校・引きこもりと呼ばれる方(私たちはそのように呼びたくはないのですが)へ向けて、日本の外側から日本の社会を研究してきた成果を、このウェブサイトで発表しようと思います。賛否両論あるかと思いますが、私自身も昔はそのような状況にいたということで、ひとつの意見として捉えてみてください。もし、あなたにとっても新しい発見があれば嬉しく思います。

美和が大学で学んだ社会問題についての研究&留学体験記

美和の社会問題研究

美和の留学体験記

カナダ留学のすすめ

日本とカナダの教育環境の違い

美和からの手紙 第2章 サンシャインプロジェクトを開始してから今